おはなしを連続で聴く

「なるには學問堂」の絵本・おはなしプログラムでは、最後に「おはなし」(児童書)の時間があります。

ときどき挿絵を見ながら、おはなしをたっぷり聴いて、大満足の表情を見せてくれます。
絵本ではないので、当然1回では読み終わりません。
たいてい2章ぶんくらいで「つづく」になります。
うれしいことに、おうちでも「つづきはどうなるかな」と楽しみにしてくれているようです。

耳から聴くおはなしは、それぞれの想像の世界に連れていってくれます。

イメージする世界、いえ、イメージ湧く世界ですね。
ものごとが生まれる、成っていくときにはまずイメージがあるといいます。

絵本の後に、おはなしを聴き、イメージの世界でのびのびと遊ぶ。

創造へとつながる想像の時間。
存分に楽しんでほしいと思っています。

今までに読んだもの

  • 『ぺちゃんこスタンレー』(ジェフ・ブラウン/文、トミー・ウンゲラー/絵、さくまゆみこ/訳、あすなろ書房、1998年)
  • 『ハナさんのおきゃくさま』(角野 栄子/文、西川 おさむ/絵、福音館書店、1987年)
  • 『エルマーとりゅう』(ルース・スタイルス・ガネット/文、ルース・クリスマン・ガネット/絵、わたなべ しげお/訳、福音館書店、1964年)
11225451_1673350686216255_2820321834551202864_n
11262085_1673350706216253_301948799102640943_n

どれもオススメです。
ただし、くれぐれもお子さんに「読ませよう」とはなさらないでくださいね。
少なくとも小学生のあいだは聴いてくれるはず。
どうぞ声に出してファンタジーの共有を!


今後の説明会の予定は以下のとおりです。

学童保育(小1~小6)

日程時間
12月20日19:00~
12月27日19:00~
大阪市北区(梅田)の学童保育“なるには學問堂”は、働くご両親に代わって、放課後から20時までお子さまをお預かりする寺子屋スタイルの学童保育施設です。学童保育でありながら、子供の「才能」を引き出し、「〇〇になりたい!=個性の芽」を育み、夢の実現を応援します。また、英語と日本語でのコミュニケーションに重点を置いた「世界で活躍できる魅力ある日本人」を育てる国際人養成塾でもあります。