遊びながら、たくさんの力がつく「新聞クイズ」とは?

そろばん、英語、国語力アップ、読み聞かせ、拳法、ウクレレ、創作アート、お料理……
夢を叶えるお手伝いをする「なるには學問堂」には子どもたちの「天才(天賦の才能)」開花をサポートするプログラムが数々ありますが、実はこの他にも、偶然の産物プログラム(?)があるのです。

その名も「新聞クイズ」!

「なるには」には、開所直後から小学生新聞が毎日届いています。
その新聞記事のなかから自由に題材を選び、三択形式のクイズをつくって問題の出しあいをするのです。


まずは記事を選び、問題をつくります。
その問題に対して、不正解の選択肢を2つ考えます。
紛らわしいものと、「えーっ、それはないでしょう!」というものと。
新聞クイズ-1
そして、それらを専用のフォームに書きます。
新聞クイズ-2
できあがったら、順番にクイズの出しあい。
みんなの前に立って、自分の問題を出します。
人が聞きやすいように伝える必要があります。
クイズに答える側の子供たちは、よく聴かなければなりません。
遊びながら、たくさんの力がつく「新聞クイズ」とは?
クイズが終わったら、使った記事(の一部)を読みます。
慣れない1年生もがんばって読みます。
遊びながら、たくさんの力がつく「新聞クイズ」とは?

こんなふうにして40分ほどで終了します。
ワイワイと大いに盛り上がることもよくあります。

そして、終わったあとは、お部屋の壁に掲示しておきます。
自分のいなかったときに作られたクイズを読んで答えてみる子もいて、「新聞クイズは「なるには」の文化になってきたかな?」とそんな様子をスタッフはうれしく眺めています。

新聞クイズ-5

この新聞クイズ、昨年の7月に始めたのですが、土曜日はクイズをするタイミングをお昼ご飯の後と決めておいたせいか、ご飯を食べ終わると、「新聞クイズは?」と子供たちから声が出るほど習慣化されました。
それは何より楽しいから!
子供たちはクイズをつくるのも、クイズに答えるのも大好きです。

ところで、「子供たちに新聞を読んでほしい」という願いから生まれたこのクイズ、始めてまもなく、スタッフみんなが気づきました。

この「新聞クイズ」、かなりスゴイ!と。

  • 新聞を読む習慣
  • 社会に目を向ける習慣
  • 記事を読み込む力
  • クイズを考える発想力
  • クイズにする文章力
  • 人前に立って発表する力
  • おもしろがってもらうプレゼン力
  • 記事をみんなの前で読む音読力
  • 人のクイズをしっかり聴く力

こんな力が遊びながら身につくのです!

「なるには」に新しく入って、クイズに慣れない子も、最初は答えるだけとか、スタッフと一緒につくるなどしながら、次第に自分でつくりたい!と成長していきます

どの子のクイズにも個性があり、がんばってつくった魅力が輝いています。
なので、スタッフはいつも本気で感心し、「おもしろいクイズできたね!」「すごいっ! このボケの選択肢がたまらないね!」と絶賛の声をかけています。
すると、子供たちは本当にうれしそうな表情を見せてくれます。
そんななかで、ますますいろんな力がついていくにちがいありません。

「新聞クイズ」がいっぱいの壁、体験説明会のときに見ていただくことができます。
どうぞお気軽にお申し込みください。


今後の説明会の予定は以下のとおりです。

学童保育(小1~小6)

日程時間
10月25日19:00~
10月28日11:00~
10月31日19:00~
11月4日10:30~
11月8日19:00~
11月11日15:00~
11月14日19:00~

大阪市北区(梅田)の学童保育“なるには學問堂”は、学童保育でありながら、子供の「なりたい!=天才の芽」を育てる天才教育塾です。英語と日本語でのコミュニケーションに重点を置いた「世界で活躍できる魅力ある日本人」を育てる国際人養成塾でもあります。働くご両親に代わって、放課後から夕食を含む20時までお子さまをお預かりする寺子屋スタイルの学童保育所です。