夢を叶えてだるまさん

なるには學問堂の「なるには」ってどういう意味なんですか?

・・と、質問をうけることがあります。

「なるには」は、子どもたちの夢・・「○○になるには!」の
「なるには」なんです。

宇宙飛行士になるには!
パティシエになるには!
漫画家になるには!・・・などなど
夢を見つけて叶えよう、同じ夢の仲間を見つけよう、
という意味がこめられているです。


夢を現実にする方法はいろいろありますが、

先日は「なるには拳法」の時間にだるまさんの目入れ(開眼)をしました。

まず、願いをこめながら左目(向かって右)を入れます。
そして、その願いが叶ったときに右目を入れるのです
なので始めに、子どもたちみんなの夢を聞きました!

出てくる、出てくる、バラエティに富んだ夢の数々。

「画家になりたい!」「警察官!」と具体的なものもあれば、
「空を飛べるようになりたい!」「マジックで虎を消したい!」と
ファンタジックなものまで。

「ドラえもんが欲しい!・・というのはダメ?」という質問もありましたが(笑)
学長先生の

「単純に『○○がほしい』ということではなく
自分が大きくなって何になりたいか、どんな人になって
周りの皆を喜ばせてあげたいかを考えよう」

という説明に納得。
「ドラえもんを作る科学者になりたい!」と大きな夢を語ってくれました。

そして、いよいよ筆で目入れ・・・!

女の子は白、男の子は赤のだるまさんに、みんなで少しずつ
ちょっと緊張しながら目を入れていきました。
たくさんの子どもたちの夢を受け取ってくれただるまさん。
最初の夢が叶ったときに、もう片方を入れようね、と約束しました。

夢を叶えてだるまさん
夢を叶えてだるまさん

さあ、一番はじめに夢を現実にするのは誰かな・・?

だるまさん

今後の説明会の予定は以下のとおりです。

学童保育(小1~小6)

日程時間

大阪市北区(梅田)の学童保育“なるには學問堂”は、学童保育でありながら、子供の「なりたい!=天才の芽」を育てる天才教育塾です。英語と日本語でのコミュニケーションに重点を置いた「世界で活躍できる魅力ある日本人」を育てる国際人養成塾でもあります。働くご両親に代わって、放課後から夕食を含む20時までお子さまをお預かりする寺子屋スタイルの学童保育所です。